トップページ >白内障手術とレーシック

白内障手術とレーシック

レーシック手術が最近ははやっていて、非常に多くの人がレーシックによって視力を回復させています。しかし、このレーシックの後に白内障が生じた場合には、白内障手術も普通に受けることができるのでしょうか。結論から言えば、白内障手術は可能で、普通に眼科で行われています。

 

ただ、レーシックを過去に受けた人は角膜表面が変形しているために、白内障手術の際に視力矯正のために入れる眼内レンズの度数計算が難しくなります。眼内レンズの度数が合わないと、強い遠視や近視が生じることがあり、それによって頭痛や吐き気などといった症状が生じてしまうことがあります。もちろん、そうした症状があれば再手術をして調整していくことになりますが、一度こうした経験をしてしまうと手術なども怖くなりますし、脳や視神経へのダメージも心配されます。

 

こうした問題は基本的に事例が豊富なクリニックであればほとんど起こらないと考えられます。レーシック後の白内障手術が多ければ、それだけノウハウもあるでしょうし、いざという時の対応も手順が整っていて影響を軽微にとどめることができるようになっているからです。レーシック手術を経験している場合は、白内障手術をするクリニックを探すときはそうした機関を最初から選んだほうが良いでしょう。

 

また、レーシックを行っているクリニックではレンズに誤差が生じたとしても、レーシックによって誤差を調整するということもできます。どの方法で対処するかは医師としっかりメリットデメリットを踏まえて相談してください。