トップページ >働く母親の子育てストレスとの付き合い方

働く母親の子育てストレスとの付き合い方

産休と育休を経て仕事復帰する母親もいれば、今後の教育費や生活のために新しく仕事を探す母親も少なくないでしょう。短時間のパートにしてもフルタイムの正社員にしても、仕事をすることには変わりなく子育てと家事だけでなく仕事という責任とストレスも待っているのです。

 

ただでさえ子育てや家事という家庭内の仕事でもストレスが溜まりますが、仕事をするために外に出るとそれ以上のストレスが伴います。その理由として子供の行事や地域の参加しなければいけない行事、突然の家族の体調不良などで急に仕事を休まざる負えなくなることもあり、「職場の人に休むことで負担をかけてしまって申し訳ない」と思うことがあります。

 

まずは、復帰する前や新しい職場での面接時にでも突然事情で休むこともあると話し、理解を得ることが必要となります。もし男性の多い職場となると、後から急な休みが取りづらいこともあるかもしれないので、事前に話しておくことが最低条件となるでしょう。

 

どうしても急な休みが取れない場合は地域のファミリーサポートを利用したり託児所や、子供が具合が悪く預けるとなると病児保育などがあります。これらのサービスを取り入れながら仕事と子育てを両立できるように活用していきましょう。

 

仕事後買い物行ってごはんを作り子育てするという日々が毎日続くと、ぐったりと心身ともに疲れてしまうのでストレスをためないように工夫と周りの人の協力が必要です。家族で家事の役割分担を決めたり、職場に子供のことをわかってもらう、地域の保育システムを取り入れる、食材宅配を利用するなど子育て家事仕事を円滑に進めるために実践してみるといいですよ。